飲食店の経理を強力にサポート!「友野会計事務所」が運営する飲食店サポートサイトです。

年末調整はじまってますか?

10月はハロウィンパーティー

11月は連休三昧

12月はクリスマスに忘年会

大みそかには 年越しそばにお節の準備と、イベントつづきの時期がやってきましたね。

そこに忍び寄るもう一つの足音。。。

busy_man

そうです「年末調整」がやってきます!

今回は、経営者が頭を悩ませる事務処理「年末調整」についてお届けします。

 

『基礎知識編』

【毎月給与から税金を納めているのに・・・何のためにするの?】

いえいえ、毎月の合計額 = 一年間で納めるべき額 とは限りません。

そのため、経営者は給与を支払っている人に対して、正しい税額を計算し、精算してあげるのです。

【従業員全員、年末調整するの?】

・一年を通じて勤務している人

・年の途中で就職し、年末まで勤務している人

基本的には、従業員全員の年末調整をすることになります。

「給与所得者の扶養控除等申告書」を年末調整の処理にとりかかる前日までに書いてもらいましょう。

また、中途就職者から前職の「給与所得の源泉徴収票」を預かりましょう。

※この申告書・前職の源泉徴収票の提出がない従業員は、年末調整ができません。

ちなみに、年間の給与総額が2,000万円を超える方も年末調整対象外です。

それぞれ、ご自身で確定申告してもらいましょう!

 

そして「今は在席していない」従業員に対して、12月以外に年末調整が必要な場合があります。

・1年以上の予定で海外勤務

・死亡によって退職した人

・著しい心身の障害のために退職した人(再就職の見込みがない場合)

・12月に支給されるべき給与等の支払を受けた後に退職した人

・パートタイマー等として働いている人が退職した場合で、

 本年中の給与の総額が103万円以下の人(年内に再就職・給与もらう予定の人は除外)

年末調整もれが無いか、確認をお忘れなく。

また、退職時に源泉徴収票を交付していることと思いますが、この時期多いのは

「新しい勤務先で年末調整をするので、源泉徴収票を再発行してほしい」

という退職者からの問合せです。

そんな時あわてないよう、経営者の方々には強いバックアップが必要ですね。

年末調整が不安な経営者の方々、フードサポートさいたまのスタッフが

お手伝い・ご相談承ります!

【どんな書類が必要なの?】

まずは、以下の3つがそろっていることを確認しましょう。

・源泉徴収簿(社員ごとの源泉所得税を管理している帳簿)

・給与所得者の保険料控除申告書兼給与所得者の配偶者特別控除申告書

・給与所得者の扶養控除等(異動)申告書

これに、各税額控除・所得控除の申請に必要な、証明書や書類が必要になります。

多くの方が該当するのが以下の控除です。

・生命保険料控除証明書

・損害保険料控除証明書

・住宅借入金等特別控除申請書、金融機関等の年末残高証明書

上記の3つ以外にも多くの控除が存在します。

※よく間違われる方がいらっしゃるのですが、医療費控除(一年間に10万円以上医療費を支払った場合、税金が戻ってくる仕組みの事です)は確定申告でしか行えません。

 

年末調整は大事な従業員の、一年間の税金の清算手続きです。

忙しくて大変な時期ですが、慎重に行わなければなりませんね。

この後には、所轄税務署への法定調書合計表の提出、市町村への給与支払報告書の提出・・・

償却資産の申告 等々、年末年始は様々な事務処理が盛りだくさんです。

これから開業する方にはもちろんのこと、

今事務処理に追われている経営者の方にも、

ぜひフードサポートさいたまのサービスをご検討ください。

スタッフ一同、皆様のお電話をお待ちしております。

参照: 国税局「年末調整のしかた」